宇宙実験用植物栽培装置の開発

1998年度から建設がはじまった国際宇宙ステーションでは、植物を使った様々な実験が行なわれる予定です。本研究では、無重力という特殊な環境下でも問題なく植物を栽培できる装置の開発を目的としています。無重力では、自然対流が起こらず葉の温度が過度に上昇するなどの問題点や、無重力で水を植物に適切に与える方法の開発など多くの検討課題があります。

 本研究は日本宇宙フォーラムの研究助成を受けて、東北大学、宇都宮大学、東京大学、大阪府立大学との共同研究として行いました.研究の背景、目的、結果については、以下のpfdファイルをご覧ください.今となっては内容にちょっと古くなってしまった部分がありますが、ご勘弁を.

宇宙における植物生産技術の開発動向と展望.pdfファイル(378kB)
SHITA REPORT No17, p1-p12. 2001)