静岡県立大学 食品栄養科学部 環境生命科学科 植物環境研究室
大学院薬食生命科学総合学府 環境科学専攻


ようこそ.植物と環境の相互作用を究明する植物環境研究室へ

食品栄養科学部2号棟の6階に位置します)



新着情報
'15/9/25  共同利用機器として陽子移動反応飛行時間型質量分析計(PTR-TOF-MS)が納品されました。日本の大学では初となります。

'15/9/14  当研究室の助教を公募中です。(11月30日に締め切りました)

'14/11/20  第4回生物起源微量ガスワークショップは、2014年11月20日〜21日につくば市の文部科学省研究交流センターにて開催されました。詳しくはこちらへ過去3回のワークショップのプログラムはこちらへ(2008&20102012)。


平日毎日が研究室公開
研究に興味ある方はあらかじめお知らせいただければ,いつでも見学できます.
遠慮なく谷教授までご連絡ください.研究室は
当研究所6階にあります.
一般向けの出張講義(出前講義,出前授業)も受け付けています.遠慮なく問い合わせてください.

研究目的
植物と環境間の物質のやり取りを明らかにし

@植物の物質交換が地域環境および地球環境におよぼす影響

A温度,光,二酸化炭素濃度,汚染ガスなどの環境要因が植物(作物や樹木)の生育におよぼす影響

の解明を目指します

最新の研究は所属学生の紹介ページに一部書かれています.

対象物質:二酸化炭素,モノテルペン,イソプレン,大気浄化,太陽電池,植物生体成分

ご挨拶

2007年4月、植物環境研究室が誕生しました.また,歴史の浅い研究室ですが,大学院生と楽しんで研究やその他の活動を行っています.


過去の重要情報
'12/11/23  生物起源微量ガスワークショップを11月21日,22日に琉球大学にて開催しました。 これまでのワークショップのプログラムはこちらへ(2008&20102012)。

'12/7/1  大気環境学会植物分科会全国講演会を6月30日に静岡県立大学にて開催しました.タイトルは『大気環境と植物−植物に迫る気候変動と大気汚染の脅威−』です.

'08/10/27 当専攻HPのコラム欄に中国でのウバメガシ測定の旅行記を書きました.

研究概要のページへ


当研究室への大学院進学およびこのHPへのお問い合わせは                
谷教授へメール(atani(この間に@を入れてください)u-shizuoka-ken.ac.jp )願います.

最終更新日 2015年12月15日